画像が表示されない場合は、↑↑ここに書いてある表示をご確認ください。
受信者の特定などはしていませんので、ご安心ください
(OutlookExpressの場合)



動物園写真ギャラリー〜旭山動物園に行ってきました vol.22  バックナンバー公開中

■前号は皆様からむちゃむちゃお褒めの言葉をいただきました!
■このメルマガはリンクフリーです。リンクの張り方を下のほうに記載しました。
■このメルマガから旭山動物園のお土産商品が生まれるか!?の準備中です。



 


■冬の旭山動物園に行ってきました(3)

 それから、冬場に元気のいい動物といえばホッキョクグマです。特に水槽側にいた
『イワン』と『ルル』は、若いだけあって撮影中もずっと活発でした。オスのイワンが
発情していたのか、盛んに小柄なメスのルルにマウントしようとしていて、それを
嫌がったルルが水槽にダイブしたり、その苛立ちが募ると逆にイワンを追い回したりして、
見ているこちらもハラハラするぐらいの様子です。

 ルルが立ち上がってイワンに噛み付いたり、イワンがいじけて雪の上を寝そべりながら
ルルから遠ざかっていったりする姿がなんともいえません。
 ほっきょくぐま館は、2階の観覧場所の一部のアクリルが外されてますので、
遮る物なく展示場が見られます。これは本当に大きな違いで、金網やアクリルごしに見る
動物と、何も遮る物がない環境で見る動物とでは、その印象がまったく違います。

 ちょっと話は脱線しますが、DVDを置いていただいている旭山動物園くらぶさんから
お問い合わせをいただいたことがあります。お問い合わせの内容は、
「『行ってきましたDVD』にレッサーパンダは収録されていますか?」というものだった
のですが、それを受けたスタッフが、「旭山動物園にレッサーパンダはいましたっけ?」
と間の抜けた返答をしてしまいました。

 実はスタッフのいる横浜には、野毛山動物園という『レッサーパンダの展示No1』
(スタッフ談)の動物園があり、その動物園のレッサーパンダを見慣れていると、
どうも金網ごしに見るレッサーパンダは印象が薄くなってしまうようです。
(そのうち、野毛山動物園の写真も交えて詳しくご紹介しようと思います。)

 話は逸れましたが、旭山動物園でも、『かぴばら・くもざる館』や、『さる山』
『ぺんぎん館』の屋外など、金網もアクリルもなしに直接動物を見ることができる施設は、
どれだけ見ていても飽きることも疲れることもないような気がします。
つづく
(冬が終わる前に冬編終わるかな…)

■写真について

 土下座している(ように見える)オスのイワンと、立っているメスのルル
 その前後の写真が下にあります。
 イワンがルルに擦り寄る→ルルがあしらう→イワンがうろろ→だんだんイライラ→
 イワンが無理やりルルにマウント→ルルが怒る→イワンが反省して?離れる→
 一人寂しく寝そべる→(最初に戻る)
 という感じの繰り返しでした。
 途中激しく怒ったり、イワンがルルをプールに叩き落したりと結構激しい場面もありました。

 ほっきょくぐま館は、表側と、今回の写真の裏側があり、それぞれホッキョクグマが展示されています。
 ダイブで有名なのが裏側のプールのあるエリアで、人が覗けるドームがあるのが、表側の
展示エリアです。
 展示中には表と裏が行き来できないようなつくりになっています。

■イワンとルルの巻

体の大きな方が、オスのイワン、小さなほうがメスのルルです。

ずっと「かまって」

「ねえかまってよ」という感じで、ルルに寄っていました。

たまに無理にマウントしようとして

失敗してぽつんとなったりを繰り返していました。

あんまりにも寂しそうだと、

ルルの方からイワンに寄って行って

かまってあげたりしていましたが、

やさしくするとまた、ルルの怒りをかうような
ことをしたりの繰り返しでした。

そんなときに見せてくれたのが、今回の写真の姿です。

このときもまた、

性懲りも無く

マウントしようとして…

逃げられ…

ああ…

「もう何でだよ」

「でもしょうがないか…」

「ああもう…」

みたいなイワンの声が聞こえてきそうでした。

前号の最後の写真は、そんなイワンから避難してプールに入っていた

ルルのおしりでした。


■番外です。笑ってやってください。

イワンの…

ダイブ!

撮影しっぱ〜い。


■このメルマガから旭山動物園のお土産は生まれるか?企画

 毎号ご愛読いただきありがとうございます。
 DVDのスタッフの気まぐれから始まったこのメルマガですが、早いもので
もう20号以上発行してきました。
昨年まぐまぐスタッフ賞もいただき、その際にも本当に多くの方々にもう
こちらが恐縮してしまうぐらいの熱烈な推薦や応援をいただきました。
 この場を借りて、購読いただいている方、ご推薦いただいた方、
すべての皆様にお礼申し上げます。

 そこで、せっかくですのでDVD以外に、このメルマガらしいお土産が、
何か出来て、旭山動物園のお土産屋さんに置けたらいいなぁと考えています。
 DVDから始まったメルマガですが、今度はこのメルマガを起点として
このメルマガらいしい、来園された方に喜んで持って帰ってもらえるような
お土産を作りたいなと考えているのです。
 本か、絵葉書、写真… などなど、いろいろとスタッフで検討中です。

 この企画に関しては、随時このメルマガで皆様にご報告していきますので、
商品化なるかどうか、期待してください。
また、何かご意見がありましたら、ぜひお聞かせください。

 もちろん、このメルマガはこのままずっと、今までどおりのんびり続けていきます。


■このメルマガへのリンクの張り方
 「動物園写真ギャラリー〜旭山動物園に行ってきました」は、すべてリンクフリーです。
ご自由にリンクを張って、動物園好きの方にご紹介ください。
バックナンバーはすべて、
http://tusk.jp/mel_images/21.html
こんな感じで置いてありますので、こちらにリンクを張ってください。
上記のはvol.21号のアドレスです。最後の21.htmlをリンクしたい号に変えてください。



特集も公開中!tusk旭山動物園に行ってきましたサイト
冬編ページなどを追加しました。

■近いうちに冬編の連続写真も作ります。
■[かぴばら特集2] かぴばらの水浴びに密着!

■[かぴばら特集3] かぴばらの「あ!あぶない!」
■メスライオンのあくび連続写真
■さるの親子の連続写真 ←連続写真シリーズの最初




■旭山動物園に行ってきました DVD [旭山動物園監修]
 商品ウェブサイト
 http://tusk.jp/
 販売場所
  旭山動物園内ショップ
  ・旭山動物園くらぶ 東門売店/西門売店
  ・東門『テイルンテイル』
  ※たま〜に旭川物産展で特別販売されることも。
   見つけられた方は、かなりラッキーです。

 アマゾンでの購入も出来ます。

 そのほか、北海道内のおみやげ屋さんで発売を開始します。
  ※トートバッグは動物園内販売商品にのみ付属します。



■このメルマガにつきまして
 このメルマガは、まぐまぐのメルマガ配信サービスを利用して
 皆様に配信させていただいております。
 ご登録いただきましたメールアドレスは、まぐまぐにのみ通知され、
 発行者がそのアドレスを把握することはありません。


■配信の停止やメールアドレスの変更につきまして
 メルマガの配信停止や、メールアドレスの変更は下記よりお願いいたします。

 旭山動物園に行ってきました サイト
 http://tusk.jp/asa/index.htmll
 まぐまぐ
 http://www.mag2.com/m/0000203321.html


■発行者
 有限会社タスクインタラクティブ
 http://tusk.jp/
 http://www.taskinteractive.com/

 このメルマガに関するご連絡は、こちらinfo@tusk.jpにお願いいたします。