トップページへ戻る
つくれる?iPhoneアプリ
cocos2dを使ったiPhoneアプリ制作を解説してみる

クラスの解説 キリッと編


どのページでも
ご自由にリンクしてください。

感想ご要望はお気軽に!
info@taskinteractive.com


■順番に解説
・導入
その1
導入


その2
HelloWorld


その3
わからない単語でも安心


その4
いじるファイルと画面構成


その5
ソースにある単語を手探る


その6
実行の順を追って手探る


その7
クラスの名前と素性を手探る


・サンプル1
その8 ボール遊び1
Scene/Layer/Sprite


その9 ボール遊び2
ファイル名を変えてみる


その10 ボール遊び3
ソースをいじってみる



■項目ごとに解説
クラスの解説
その1 クラスって何?


クラスの解説
その2 インスタンスって何?


クラスの解説
その3 オブジェクト指向って何?



クラスの解説
キリッと クラスの書式1




cocos2d HelloWorldScene
cocos2dデフォルトのサンプルを解説


企画・販売元タスクインタラクティブ


便利なメッセージ description

手探りで作っているとき、そのクラスオブジェクトやインスタンスオブジェクトがどのような値を持った状態なのか、知りたい場面が良くあります。

その7 クラスの名前と素性を手探るで解説したような方法の他にもこんなものがあります。


NSLog([インスタンスオブジェクト description]);

と書きます。
すべてのクラスの継承元である、NSObjectを見ると、

NSObject.h
に、

- (NSString *)description;
というメソッドが用意されているのが判ります。
description とは、HTMLのmetaタグのdescriptionと同じで、『説明』とか『解説』というような意味です。


インスタンスオブジェクトの状態を知りたいとき、とても便利なメッセージです。
覚えておくと役に立ちます。