トップページへ戻る



スペシャルサイトトップ
DVD旭山動物園に行ってきました
DVD収録場面集
トートバッグ
スタッフメルマガ


DVD制作スタッフによるメルマガ!
毎号プロカメラマン撮影の写真が
掲載されています。
バックナンバー公開中!
旭山動物園に行ってきましたvol.1
旭山動物園に行ってきましたvol.2
旭山動物園に行ってきましたvol.3
旭山動物園に行ってきましたvol.4
旭山動物園に行ってきましたvol.5
旭山動物園に行ってきましたvol.6
旭山動物園に行ってきましたvol.7
旭山動物園に行ってきましたvol.8
旭山動物園に行ってきましたvol.9
旭山動物園に行ってきましたvol.10
旭山動物園に行ってきましたvol.11
旭山動物園に行ってきましたvol.12
旭山動物園に行ってきましたvol.13
旭山動物園に行ってきましたvol.14
旭山動物園に行ってきましたvol.15
旭山動物園に行ってきましたvol.16
旭山動物園に行ってきましたvol.17
旭山動物園に行ってきましたvol.18
旭山動物園に行ってきましたvol.19
旭山動物園に行ってきましたvol.20
旭山動物園に行ってきましたvol.21
旭山動物園に行ってきましたvol.22
旭山動物園に行ってきましたvol.23
旭山動物園に行ってきましたvol.24

特集
さるの親子の連続写真
メスライオンの連続写真
かぴばらの水浴び写真
かぴばらの「あぶない!」


企画・販売元タスクインタラクティブ


旭山動物園でお土産を満喫するには?

 園内6箇所の売店で販売しています。また、イベントなどに合わせて、臨時の売店なども立ちます。
 お土産屋さんの系列とその特徴を把握することが、楽しいお土産物色の秘訣です。

 園内の6箇所のお土産屋さんは、4つの系列に分かれています。
 この系列を把握することが、もれなくお土産を選ぶ第一歩です。



 一つ目は、旭山動物園を応援するNPO、旭山動物園くらぶさんの経営する2箇所の売店。ここは、旭山動物園が有名になるずっと前から応援しているNPOだけに、動物園や動物に対する愛情あふれた商品が多いことが特徴です。
 また、園内で調理している軽食や、その場で焼いているパンなどは、申し分なくおいしいと評判です。

 次に、新東門内にあるテイルンテイルがあります。
 ここは経営に、北海道内でのお土産を広く扱う問屋さんが関わってるだけあり、商品の種類の豊富さは郡を抜いています
 新東門から入られる場合は、園内を見て帰りにじっくり見ることをお勧めします。
 入園口の外になりますが、新東門の出口で、『売店に行きたい』と告げれば再入場が出来るようになっています。







 それから、正門すぐ近くと、あざらし館の横にある、厚友会さん系列の売店があります。
 ここの特徴はなんといってもぬいぐるみの種類が豊富なこと。女の子が喜びそうな売店です。

 最後に、昔からの市民動物園の雰囲気を残す、いなり園が旧東門付近にあります。
 まさに昔からの売店、という雰囲気たっぷりのお店です。懐かしい動物園の雰囲気を味わいたいならここがお勧めです。


 どの売店にも、そこにしかないものが沢山あります。
 旭山動物園らしいものは動物園くらぶさんやテイルンテイルさん。定番のお土産はテイルンテイルさんや厚友会さん。懐かしい感じといえばいなり園さん。
 それぞれの特徴を把握して、いろいろなお店を覗いてみてください。