トップページへ戻る



スペシャルサイトトップ
DVD旭山動物園に行ってきました
DVD収録場面集
トートバッグ
スタッフメルマガ


DVD制作スタッフによるメルマガ!
毎号プロカメラマン撮影の写真が
掲載されています。


企画・販売元タスクインタラクティブ


市内中心部のホテルに宿泊

 撮影などで何度も旭川市内のホテルに宿泊していますが、多くのホテルに共通して言えるのは、基本的にはビジネスホテルで、特徴的なことや娯楽的要素が少ないということ。それと、地方都市のホテルとしては意外にも駐車場料金別のホテルが多いということです。
 ホテル内はアメニティグッズをそろえているところが多いですし、旭川市内は完全に都会の街ですので、飲食や買い物に困ることはありません。市内に宿泊するのでしたら、旅の準備に神経を使わなくても、必要なものは現地で揃います

 市内のホテルは、若干高級、安価の違いはありますが、ツアーやパッケージ旅行で選択できるホテルに限って言えば、部屋にあまり違いはありません。では何をポイントにホテルを選択すればよいでしょうか。





朝食に特徴がある

 『旭川ターミナルホテル』の朝食ビュッフェのいくら乗せ放題や
 http://www.asahikawa-th.com/contents/restaurant/restaurant_orion_morning.htm
 『旭川パレスホテル』の選んだ具材を入れてシェフがその場で焼いてくれるオムレツなど
 http://www.asahikawa-palace.com/restaurant_topics2.html
(現在は「ロワジールホテル旭川」という名前になっています。)
この辺はスタッフもお勧めする朝食ビュッフェです。
 ポイントは、観光客を意識した朝食づくりをしている姿勢が見られるかどうか、です。
 
 注意が必要なのは、もともとビジネスホテルばかりの地域に、突然に旭山動物園を求めて観光客が急増したため、観光客に対応しきれていないホテルがちらほらあることです。
 結婚式などを行っている宴会場のあるホテルでしたら、朝食時に多少お客さんが集中しても余裕でさばけますが、もともとの小さな食堂やラウンジしかないホテルでは、集中すると一気にあふれてしまい、トレーとお箸を持ったまま朝食の列に並ぶハメになります。
 混雑期に行かれる方は特に注意が必要です。


夕食を食べ歩く繁華街に近い

 夕食はぶらぶらと歩きながら街を見て歩き、お酒を飲んでホテルに戻りたいという方も多いと思います。
 中心部は割りとコンパクトですので、徒歩で移動することが出来ますが、それでも市役所を超えてしまうとちょっときついので、目安としては駅から市役所の間ぐらいでホテルを決められると良いのではと思います。

 旭山動物園へのアクセスは、いずれにしても車やバスを使わなければなりませんので、あまり動物園からの距離を気にする必要はありません。


インターネット環境が整っている

 スタッフは一度旭川市内のホテルで、『全部屋インターネットOK』と書かれたホテルに部屋を取り、LANのジャックが無いなと思ったら、『フロントでモデムを貸し出しております』と書かれてるのを見て(たまにこういうホテルがあるので)「ああやられた」と思いフロントでモデムを借りると、どう配線をがんばっても、モデムの回線とモデムのコンセントが同時に接続できないという位置関係にあり、断念したことがありまます。
 旅行といえどもノートパソコンを持ち歩かなければならないような方は、旅行パンフレットなどに書かれた『全室インターネットOK』というホテルの記載は鵜呑みにせず、必ずホテルに直接電話してLAN環境が整っているかどうかを確認されることをお勧めします。


 そのほか、ホテルはどこも部屋が乾燥しがちですので、鼻などの弱い方は加湿器を部屋に貸してくれるかどうかを確認したほうがよいでしょう。
 (アラスカのホテルで鼻血を出したスタッフが、旭川も結構きついと言っていました。)